チューリップのフラワーアレンジ体験!

ハウス内のチューリップに囲まれてフラワーアレンジ体験 みつばち通信

本日みつばち隊は新潟市南区にあるアグリパークさんで「チューリップのフラワーアレンジ体験」に参加してきました!

受付を済ませて会場へ案内してもらうと、そこはチューリップ5,000本が咲き乱れるハウス内でした。花の色ごとに花言葉を貼ってあるなんて、ニクイ演出!

本来は3月に行われている「チューリップのフラワーアレンジ体験」ですが、今年は暖冬の影響でハウス内のチューリップが早めに開花したこともあり、2月のうちから体験教室を開催したとのこと。

【急募!チューリップのフラワーアレンジメント体験】 | アグリパーク

まずは先生の説明を聞いて、どんなアレンジを作るのかテーマを考えます。5種類の花の色や形・活ける器や完成形を脳内にイメージしながら(想像通りにアレンジできたかは謎ですが…)、ハサミを片手にハウス内のチューリップを数本切って、少しずつ器に入れたオアシスに活けていきます。

アレンジのビフォー画像
隊員Eの器は大きめのマグカップ。たっぷり花が活けられます。

数本挿してみて、不足があればその都度ハウス内をウロウロ。同じ品種でも蕾の大きさでずいぶん雰囲気が違ってきますので、それぞれ慎重に花を選びます。

もうすぐ完成間近
この日は雨のせいか参加者が少なかったため、花をふんだんに使わせてもらいました!

ある程度活けたら、オアシスを上手に隠すようにチューリップの葉も使います。このバランスは先生の指導の賜物!

そうそう、チューリップの葉にウラ・オモテがあることも教えてもらいました。葉の茎側(内側…と言った方が正しいのかも)にある方がオモテなんだそう。確かに、路地で見るチューリップの葉は太陽の光をたっぷり浴びるためにオモテが上に向きますね。オモテの方がウラより若干明るくなるため、オモテが見えるように活けることで、葉を使ってもアレンジの雰囲気が暗くならないそうです。何年チューリップに関わっていても、毎回新しい発見があるのも楽しいところ!

体験開始から1時間ほどで、各隊員の作品が完成!

隊員Oは「気球」のイメージ。隊員Eは桃の花枝も入って春の雰囲気。隊員Uはチューリップの品種にちなんで「聖火」をテーマに。当初のイメージ通りなのかどうかについては、誰も口にしませんでしたが…。

アフター
それぞれのテーマに沿った革新的な作品が完成しました!…が、誰も花が開くことを想定してないのが問題。

本日使わせてもらった品種は5種。

  • オリンピックフレーム(一重咲き/黄+赤)
  • レッドパワー(一重咲き/赤)
  • ダブルマルチレドマー(八重咲き/赤)
  • ハネムーン(フリンジ咲き/白)
  • ジャマイ(八重咲き/ピンク+白)

黄色に赤い模様の入った「オリンピックフレーム」は聖火ランナーのトーチをイメージした品種だそう。今年がオリンピックイヤーに当たることから用意されたそうです。

ダブルマルチレドマー」は枝咲きではないけれど、子が一緒にくっついている花も多くあり、中には三つ子なんかもありました。ちょっと先にはなりますが、上記の品種もいずれ「ちゅーりっぷ図鑑」に収蔵したいと思います。

非常に楽しい1時間強は、アレンジに夢中になっていたので、あっという間でした。器ごと作品は持ち帰れるのですが、これで一人1,200円は安い! 機会があれば、是非一度ご参加ください。事前申込制なので、お申込みはお早めに! 詳細は下記のアグリパークWEBサイトへどうぞ~!

●3月1日(日) ・7 (土)・8日(日)・14日(土)・15日(日)は、【チューリップのアレンジメント体験】
アグリパークで育てた5000本のチューリップに囲まれながら、自分で収穫したチューリップを使ってアレンジメントが楽しめます。毎年大人気のイベントですよ♪ 

引用元:アグリパークWEBサイト
【R2年3月の体験のご案内】毎年大人気のチューリップのアレンジ体験が登場♪ | アグリパーク
タイトルとURLをコピーしました