紫雲寺の春畑だより(4/19)

紫雲寺の畑4/19 TOP にいがた春畑だより2020

2020年4月19日の新発田市紫雲寺の畑の様子です。

にいがた花絵プロジェクトが毎年行っている4/29の巨大花絵の作成には、紫雲寺のチューリップが欠かせません。この時期に多くの花を一カ所で摘ませていただくのに適しているのがこの地区のチューリップなのです(巨大花絵だけで6万本以上必要!)。

2020年は新型コロナウィルスの感染拡大を防止する観点から、皆さんから参加者を募って行う巨大花絵づくりや花摘みなどを中止させていただきましたが、紫雲寺の畑の様子を画像や動画で、少しでも楽しんでいただければと思います。

この日は新潟市内は昨日までの雨が嘘のような晴れだったのに、紫雲寺に到着すると厚い雲がかかって薄暗くなってきました。動画でもご覧いただけるかもしれませんが、空の半分は青空で、反対側は暗い雲がかかっているという何とも微妙な天気。それでもチューリップたちはカラフルな姿をみせてくれました!

赤いチューリップたち
▲手前の赤いチューリップのむこうはオレンジのチューリップ、ほかに白や黄色やピンクと鮮やか!

チューリップが視界一面に広がる光景も、20年ほど前の新潟ならどこでも見れた景色でした。現在は新潟市内の各地や新発田市紫雲寺・胎内市・五泉市など(佐渡でも球根栽培をされている農家さんがいますよ!)やや限られた場所になりました。

各地で農家さんがチューリップ畑を丹精してくださるおかげで、私たちもこうしてチューリップを楽しむことができます。本当に感謝感謝です!

紫とピンクの八重咲きチューリップ
▲畑ならではのチューリップの数の多さは、いつ見ても圧倒されます。まさに絨毯のよう!

畑にはすでにトラクターで花を刈り取ったあともあり、この画像のチューリップたちももうじき花を刈り取ります。今年も春のほんのいっとき、私たちの目を楽しませてくれました。

もっとじっくり花を楽しみたい! という方はぜひ、秋になったら新潟県産の球根を買ってお庭で育ててみてください。もしかしたら、この画像のお花があなたのお手元に行くかもしれません。

刈り取られた畝
▲刈り取られたチューリップの花。花はいずれ土に還ります……が、もったいないなあ。
道端に落ちた花
▲トラクターからこぼれたのか、道端に落ちた花。ミステリアスパーロットかな?

この様子を動画に撮影しました。下記「紫雲寺の畑の動画(4/19)」よりご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました